フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

twitter

« マーチエキュート神田万世橋のプラットホーム | トップページ | ワンコインピザの「ピッツァ ナポレターノ カフェ」 »

2013年12月 7日 (土)

雪ノ下のぶ厚いパンケーキ

最近いろんなお店を回っていると、フライングタイガーコペンハーゲンやASOKOやMONKI(モンキ)といい、関西1号店で人気を博し、東京に進出してくるケースが多いようだ。出店コストの問題もあるのかもしれないが、何かそこに理由があるのだろうか。

そしてまた去る11月1日に、大阪で人気沸騰のパンケーキ・かき氷店「雪ノ下」が銀座に都内1号店を出したというではないか。大阪の本店は、完全予約制で2週間先まで予約が埋まっているらしい。

オレは早速、平日11時の開店に合わせて、銀座メルサと銀座YOMIKOビルの間の道を昭和通り方面に向かって歩いていった。昭和通りを越えると、すぐ左手に「雪ノ下」の看板があった。

Dsc_0525

Dsc_0529

昭和通りを境に街の様相は一変し、えー、こんなところにこんなお店があったのー、と連れてくる当てのない女の子の反応を勝手に想像し、一人にやにやしながらビルを見上げた。

Dsc_0542

反対から見ると、こんな感じにトマトのイラストが描かれているから、通り過ぎることもないだろう。

Dsc_0531

店舗はビルの3Fだ。

Dsc_0540

お店の中は左側のカウンター席と右側のビニールのかかったテラス席で16席ほどだ。休日は開店から混み合っているそうだが、平日の開店直後は狙い目のようで、並ばずに入ることができた。

オレはお店の人に促され、空いているテラス席の方に座った。

Dsc_0533

席に着くと、メニューとともに鹿児島県の天然水だというお冷が出され、のっけからこのこだわりようである。

オレは散々迷った挙句、「国産林檎」(800円)のパンケーキと「グアテマラ」(550円)を注文した。ドリンクはセットで200円引きになるので1150円だ。

オーダー後に焼くため時間がかかるようなので、もう一度メニューをもらって眺めていると、隣に座ってきたおばちゃんがオレに話しかけてきた。

「何を頼みはったんですか?」

「これです」オレは国産林檎を指差した。

「えーっ、私も迷ったんだけど」

「何にしたんですか?」

「愛媛産レモンのやつ」

「ああ、いいですね」

「私ね、大阪からダンナの転勤で人形町に引っ越してきてね。ネット見てたらたまたま雪ノ下がこっちにできたの知って、本当はダンナと来た方がよかったのかもしれないけど、ダンナの都合に合わせてたら、いつになるかわからないじゃない。それで一人で来たのよ。人形町からここまでバスで100円で来れるのよ」

「は、はあ」

それからいろいろおばちゃんの個人情報を聞かされていると、グアテマラが運ばれてきた。

Dsc_0534

スペシャルティコーヒーの専門店「堀口珈琲」の豆を使用している筋金入りのコーヒーだ。ガラスの器に入れているためか、あまり熱くない。ミルクはついてなく、砂糖は目の前にあったが、かき回すスプーンがなかったので、そのまま飲むことにした。それでも飲みやすく、美味しかった。

隣りのおばちゃんのところにかき氷が運ばれてきた。ふわっとしたかき氷ではなく、シャーベットのような感じだ。そうか、おばちゃん、パンケーキだけじゃなく、かき氷も注文してたのかぁ、上をいかれてしまったなあ、と恨めし気に「三ヶ日みかん氷」という名のかき氷を見つめていると、「よかったら、食べてください」と勧められた。しかし、さすがに見ず知らずの人の食べているものにスプーンを突っ込むのも気が引けて、遠慮した。

オーダーしてから20分以上経って、ようやくパンケーキが運ばれてきた。

Dsc_0537

こ、これは・・・・。こんなぶ厚いパンケーキ、見たことない。パンケーキといえば薄っぺらいものだという常識を見事に覆した圧巻のボリュームだ。

ほぼ同時におばちゃんのパンケーキも運ばれてきた。

Dsc_0539

ナイフを入れると、中にもごろごろとアップルパイが入っている。

さっきからおばちゃんが、その上にのっているクリームがサワークリームかどうか何度も聞いてくる。おばちゃんのパンケーキにはアイスクリームがのっかっているので、気になるのかもしれない。オレはサワークリームがどんなものかわからなかったが、ふつうの生クリームですよ、と答えた。

「人形町に行くことはある?」とおばちゃんが聞いてきた。

「ありますよ」偶然にもオレは来週、人形町に行くことになっていた。

「大きな声じゃ言えないなどね、人形町にも美味しいパンケーキを出す店があってね、ノーリザベーションズって店なんだけど、5時からしかやってないのよ」

おばちゃん声大きすぎやん、とツッコミを入れたかったが、オレはその言葉を飲み込んだ。

周りを見渡すと、店内はOLや学生など若い女子だらけになっていて、スーツを着たオレと子どもが成人したというおばちゃんはいつしか異物同士の連帯感のようなものが芽生え始めていたのだった。

それからおばちゃんは、人形町の美味しいお店をいくつか紹介してくれた。

ところが、おばちゃんは自分のパンケーキを食べ終えるやいなや、それじゃとやけに素っ気なく、こちらを一瞥することもなく、帰ってしまったのである。

しまった、おばちゃんとの話に夢中になって、よくよく味を吟味するのを忘れてたぞ。オレは最後の一切れを口に入れた。パン生地はもっちりしていて、アップルパイも入っていて甘い。なるほど、だからメイプルシロップがついていないんだ。う~む、やっぱりパンケーキにはメイプルシロップをどばっとかけて食べたいぜ。

これだけパンケーキのお店が多い中で後発で人気店となっただけあって、食材へのこだわりや志の高さは並々ならぬものがあって、若い女の子にはウケるだろうな、という感じだ。

しかし、こういう進化したパンケーキよりも、残念ながら閉店してしまった万惣のような昔ながらのホットケーキに惹かれるオレだった。

再び、「大阪で人気店になって、東京に進出するというパターン」に思いを寄せると、さっきの人形町のおばちゃんのように、大阪から転勤や出張や進学やらで上京した人たちによる絶大な口コミ効果が期待できるかもしれないな。関西発にすることで口コミで広まるパワーが倍増するに違いない。たぶん人形町のおばちゃんは今日のパンケーキとかき氷のことを10人以上には話すことだろう。

大阪のおばちゃん恐るべし。おばちゃんの印象が強すぎて、なんだかこじゃれたお店に来て、こじゃれたスイーツを食べた気がまったくしないルチャであった。

« マーチエキュート神田万世橋のプラットホーム | トップページ | ワンコインピザの「ピッツァ ナポレターノ カフェ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1578715/54178518

この記事へのトラックバック一覧です: 雪ノ下のぶ厚いパンケーキ:

« マーチエキュート神田万世橋のプラットホーム | トップページ | ワンコインピザの「ピッツァ ナポレターノ カフェ」 »