フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

twitter

« 堂島ロールは本当に美味しいか | トップページ | マーチエキュート神田万世橋のプラットホーム »

2013年11月 3日 (日)

そうだASOKO、行こう。

オフィスで女の子たちがあまちゃんの話で盛り上がっていたが、なにしろあまちゃんを一度も見ていないので、加わろうにも加われず、今さら、じぇじぇじぇってどういう意味?なんて割って入ろうものなら、うざっ、と思われるだけなので、オレは黙ってその楽しそうな会話を聞いているよりなかった。

そういえば、半沢直樹も見逃してしまったし、このブログにしても1ヶ月近く滞っているし、随分と流行に乗り遅れてしまったぞ。

オレは昼食のタイミングで職場を抜け出すと、10月2日に表参道にオープンした北欧の低価格雑貨を扱う「フライング タイガー コペンハーゲン」へと向かった。

Dsc_0367

店舗の前には警備員が物々しく立っており、近づいていくと、整理券がないと入れません、と言われた。午後1時を回っていたが、今、整理券を受け取ると、じぇじぇじぇ(使い方、間違ってません?)、入れるのが6時だというではないか。

オープンから1ヶ月経っているので、すんなり入れるだろうと高をくくっていたが、とんでもないことになってるぞ。

いくらこのオレが不良社員でも、さすがに6時までぶらぶらと待つわけにはいかない。そうだ、この子がだめなら、あの子でいいや、人間臨機応変にやるべきだ。

オレはすぐに本命を諦め、タイガーより5日前に明治通り沿いにオープンした雑貨店「ASOKO(アソコ)」へと向かった。100~500円の価格を中心としたオシャレ雑貨で人気を集める大阪発のショップだ。

Dsc_0370

NHKの受信料払ってないけど、じぇじぇじぇ。いまだにこんな長蛇の列。誘導している女の子に尋ねると、整理券を受け取ると5時から入れ、列に並べば1時間くらいで入れるらしい。しかし、ここまで来て、どこも取材しないまま帰るわけにも行かず、オレは列に並ぶことにした。

いろいろな人の顔のイラストが描かれたファサードが、オシャレ感を醸し出している。

列は思ったより早く前に進み、結局20分程度でお店の中に入ることができた。1階と2階の2フロアだ。入口で、白い買い物かごを手渡される。

Dsc_0375

Dsc_0381

白を基調とした店内はギャラリーのようで、真っ白い平台の棚が整然と並ぶ。平台には見本の商品が陳列され、下のストックボックスから商品を取り出す仕組みは素敵だ。

1階はインテリア雑貨、DIY商品、ホビー用品などが売られている。

Dsc_0380

アロマキャンドルが充実している。

Dsc_0382

こんなオシャレ風なかごもある。

Dsc_0386

リボンの髪留め。

Dsc_0376

壁面にも商品がぎっしり陳列。洋服やキーなどをかける動物フック。315円。

Dsc_0377

他にはブルーライト50%カットのPCメガネや自転車なども売られていた。

2階へ上がって、広い、と思ったのは奥の壁一面に鏡をはってあるからで、折角オシャレ路線のお店づくりをしてるのに、こんなことはシークレットブーツと同じくらい恥ずかしい。

このフロアにはステーショナリーやキッチン商品などが売られている。

Dsc_0390

こんなかわいいクリップが105円だ。

Dsc_0391

Dsc_0395

プラスチック製のお皿が105円、210円。

Dsc_0397

小さな両手鍋が315円。

平台の上にはプライスが書かれているだけで、あえて説明をしていない。ステショナリーなど、店員に聞かなければどんな商品なのかわからないような遊び心のある商品も多いが、使い勝手が悪そうで手が出ない。その上、平台の上の見本が乱れてしまって、ハンバーガーの形をしたメモパッドにいたっては中身がなく、何の商品かわからない状態だ。

まあ、この程度の商品ならダイソーにでも置いてそうなものばかりだが、周囲のお客さんを見ると、ダイソーでは間違いなくスルーしていたであろう商品をばんばん買い物かごに入れているではないか。地方大会では選択眼のよかった高校球児が甲子園大会に出た途端、とんでもないボール球に手を出すような感じだ。

入口で白い買い物かごを強制的に手渡されたのだが、1階のレジを通らなければ外に出られない導線になっていて、オシャレを気取っているが、こんなところに関西発の商魂たっぷりの仕掛けが施されていたとは、まさにじぇじぇじぇだ。

Dsc_0413

結局、オレが買ったのはこのクリップ1個。(105円)

本命の女の子(タイガー)を諦めて、手っ取り早くつき合える子とつき合ってみたものの、何だか味気ない気分になって、本命への恋心がさらに激しく再燃するルチャであった。

« 堂島ロールは本当に美味しいか | トップページ | マーチエキュート神田万世橋のプラットホーム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1578715/53814697

この記事へのトラックバック一覧です: そうだASOKO、行こう。:

« 堂島ロールは本当に美味しいか | トップページ | マーチエキュート神田万世橋のプラットホーム »