フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

twitter

« そうだASOKO、行こう。 | トップページ | 雪ノ下のぶ厚いパンケーキ »

2013年11月25日 (月)

マーチエキュート神田万世橋のプラットホーム

ある朝、JR中央線に揺られて車窓を眺めていると、御茶ノ水駅から神田駅へ向かう途中、上りと下りの線路にはさまれた空間に突如レストランのようなものが出現し、な、なんなんだ、あれは、と目を奪われた。

どうやらそこは旧万世橋駅のプラットホームで、駅や交通博物館の遺構を生かした商業施設「マーチエキュート神田万世橋」がオープンしたというのだった。

いつも通勤の際、あのプラットホームのレストランが目に入るのだが、あの中に入って見られる側になったらどんな気分だろう、と思った。

よーし、今日のランチはあそこで食べてやる。

JR秋葉原駅の電気街口から中央通りの方へ向かっていくと、すぐに赤レンガ造りの万世橋高架橋が見えてきた。

Dsc_0463

目の前を流れる神田川を遊覧船が通過していく。

赤レンガ造りの万世橋高架橋をそのまま生かし、高架下とプラットホームに、飲食、雑貨、ファッションなどを扱う11店舗が入っている。

Dsc_0484

カフェ・ベーカリー、雑貨、インテリア、ファッションを組み合わせた複合的なショップ「haluta」。長野県上田市で人気のライフスタイルショップで、北欧の家具や雑貨を多く扱っている。

Dsc_0486

halutaにあったデンマークの「HAY」というブランドの商品。手の形をしたオブジェで、指輪をかけるという使い方もあるようだ。(2730円、3150円)

Dsc_0468

「佇マイ」(タタズマイ)というイベントスペースでは、「ニッポン ノスタルジック モダン。」というテーマで商品が販売されていた。(12月8日まで)

Dsc_0487

LIBRARYには万世橋駅のジオラマが飾られている。

Dsc_0469

「フクモリ」は2009年、東神田にオープンした山形の食材を活かした“カフェ兼定食屋”の2号店。飲食の他にも「東」をコンセプトにした雑貨や食品を販売し、同施設の中ではhalutaとともに大きなスペースを占めている。

Dsc_0488

こんなかわいい富士山のマグカップを発見。

Dsc_0496

一旦外に出ると、サウスコリドーと呼ばれるゾーンに6店舗のこじんまりとしたお店が並んでいる。フランスおでんを看板メニューとする「ル・プチ神田」、チョコレートブーケなどのお菓子を販売する「NOAKE TOKYO」などの6店舗。

ざっと1Fのショップを見終えると、いよいよ旧万世橋駅のホーム部分に新設された「2013プラットホーム」へ上ることにした。

Dsc_0474

「1935階段」と名づけられた階段は1935年に設置されたもので、2006年の交通博物館閉館前に期間限定で公開されて以来の公開だという。

Dsc_0475

旧万世橋駅に貼られていた駅貼りポスターが展示されている。

Dsc_0479

展望デッキまで行くと、電車が来るのを待って、激写。

Dsc_0482

今度は「1912階段」を通って下へ降りる。こちらは1912年に作られた階段で、1943年に駅が休止してからは公にされてなく、70年ぶりの公開となるそうだ。100年前の階段をゆっくりと感慨深く踏みしめる。

Dsc_0477

再びプラットホームまで上り、展望カフェ「N3331」へ。ここが毎朝、中央線の車窓から目にするカフェだ。

店内に入ると、いきなりレジで購入することになっていて、オレは看板メニューの「333ド1」というサンドイッチを注文したが、売切れだった。下のショップを回っているうちにお昼時をとうに過ぎていた。仕方なくご飯もので食べられる「玄米おにぎり」(500円)と「豚汁」(200円)を注文した。室内の部屋と奥のデッキのどちらでも座れたので、オレは奥のデッキを選んだ。

まさに中央線の上りと下りのレールにはさまれた異空間で、窓越しに間近で電車を見ることができる。

Dsc_0491

う~ん、なんだか本当に100年前のような粗食になってしまったぞ。しかし、この玄米おにぎり、もちもちして美味しい。お塩をつけて食べると、さらに美味しさ倍増。豚汁の方は、あっさりとした味で、まあふつうだ。おっと、中央線が来たぞ。

Dsc_0494

平日の昼下がり、全く並ばずに席に座れたので、ここはデートなどでさり気なく連れてくると、ポイント高いかもしれない。しかし、電車の中から目撃されてしまう可能性もあるので、浮気相手との利用は避けた方が賢明だろう。

歴史的価値のある遺構を残したこの商業施設、個性的で良質なショップ揃いで、大人が楽しめる場所になっている。ただ画一的で手垢のついたエキュートという名前はつけない方がよかったんじゃないか、と思うが。

Dsc_0495

神田川に面する北側にはオープンデッキが設置されている。

万世橋に立って、オレはしばらく神田川を眺めた。長いこと東京にいるが、こうして万世橋に立ったのは初めてかもしれない。東京にはこういう橋がいくつもあるんだろうな。

そういえば、昔、「あずさ2号」で大ヒットを飛ばした狩人が「アメリカ橋」って曲を歌っていた。この歌詞の持つ違和感が面白い、と思っていたが、このことをずっと誰にも言えないままだった。

アメリカ橋って知ってますか
目黒と恵比寿の間にある
下を山手線轟々走る
鉄で出来た青い橋

恋心を歌う歌詞の中でこんなに克明に橋の説明をするのも珍しいんじゃなかろうか。位置と空間と音と素材と色が説明されている。

アメリカ橋って知ってますか~、万世橋に来たというのに、いつしかアメリカ橋を口ずさみながら、アキバの雑踏に消えるルチャであった。

« そうだASOKO、行こう。 | トップページ | 雪ノ下のぶ厚いパンケーキ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1578715/54043403

この記事へのトラックバック一覧です: マーチエキュート神田万世橋のプラットホーム:

« そうだASOKO、行こう。 | トップページ | 雪ノ下のぶ厚いパンケーキ »