フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

twitter

« 丸善の早矢仕ライス | トップページ | 東京駅八重洲口「グランルーフ」オープン »

2013年9月20日 (金)

「CUTE CUBE HARAJUKU」はかわいいか

東京五輪の開催が決定したところで別段何の感慨もないが、五輪招致のプレゼンターの中でパラリンピック陸上女子の佐藤真海選手のプレゼンは心を動かされた。泥水に咲く蓮の花じゃないけれど、薄汚れちまった大人たちの中にあって、純真無垢でひたむきで、はっとさせられた。

しかし、それもこれもかわいいから、そう思うんであって、やっぱりかわいいって得だ。今や何をやってもダメダメな日本にとっては、かわいい以外に世界に発信できるカルチャーはないのかもしれない。

そんなわけで、東京五輪の決定とほぼ時を同じくして、原宿・竹下通りの真ん中に、かわいいを詰め込んだ商業施設「CUTE CUBE HARAJUKU(キュートキューブ・ハラジュク)」がオープンしたっちゅうので、のぞいてきたぜ。

Dsc_0132

三連休明けの平日の昼下がりだというのに、竹下通りはけっこうな賑わいだ。

施設は地上3階、地下1階にアパレル、アクセサリー、雑貨、スイーツ、グルメなど10店舗が入っている。

Dsc_0158

Dsc_0159

1階のエントランスと3階のテラスには、きゃりーぱみゅぱみゅのPVやライブの美術を手掛ける増田セバスチャンによるオブジェが設置されている。3階のテラスにあるカラフルな球とキューブがたくさんついた巨大なタコのようなオブジェは間近で見ることができず、もったいない。

Dsc_0139

1階の「CANDY・A・GO・GO」。カラフルなキャンディーやグミなどのお菓子の量り売りのお店だ。しかし、この手のお店は意外と高くつくことは多くの人が経験済みだろう。

Dsc_0141

WEBストア「ATOMICBOXX(アトミックボックス)」がリアル店舗になって登場し、WEBを使った遊べる機能が満載・・・ということを後から知ったが、そんな試みがあったとは、店内に入っても全く気づかなかった。

Dsc_0144

「sanrio vivitix HARAJUKU(サンリオ・ヴィヴィティックス・ハラジュク)」。サンリオ初のティーン向けアンテナショップだそうだ。

Dsc_0145

キティちゃんのロリポップキャンディー(400円)がかわいい。

Dsc_0143

「OSEWAYA(オセワヤ)」というアクセサリーショップ。ピアス、イヤカフ、シュシュなどが所狭しと売られている。

Dsc_0160_2

「ASOBI STATION(アソビステーション)」という期間限定ストア。「Zipper」などの青文字系雑誌の読モがプロデュースした商品を販売中。

Dsc_0147

1階と地下1階にある「MONKI(モンキ)」はH&M傘下の女性向けブランドで、2006年にスウェーデンで生まれ、ヨーロッパを中心に世界で65店舗展開しているが、日本では大阪に続き、2店目となる。

秋物ということもあるが、シックな色使いで、ヨーロッパじゃティーンズが着ているのかもしれないが、成熟していない日本の10代じゃ着こなせないんじゃないか。もう少し上の年代じゃないと受け入れられないような気がするが。

Dsc_0163

「かわいい!」ようやく聞いた女子高生の言葉に足を止めると、モンキのキャラクターのクッションがあった。オレにはどこがかわいいのかさっぱりわからない、むしろオレの方がかわいくないかい?ほんとにこれがかわいいって言うんなら、suumo(スーモ)だってかわいいって言えよ。

Dsc_0151

2階は新品・中古ウェアの「スピンズ」の大型店舗が独占。男性と女性でフロアが分かれている。洋服、靴、オモチャなどがヴィレヴァンのように雑多に陳列されている。

Dsc_0166

Dsc_0155

こんなんも置いてあったが、今一つかわいい商品は発見できず。

Dsc_0154

時間帯もあるが、3階は閑散としていた。「Dessert Collection」ではデザート食べ放題で大人1480円(税込)。

Dsc_0153

「創作オムライス ポムの樹」っていうのもある。

一通り回って、結局一番人気があったのは、1階の一角にあった、どこにでもある「サーティワンアイスクリーム」で、そこだけ行列をなしていた。

オレはシノラーや6%DOKIDOKIやきゃりーぱみゅぱみゅのような世界観の商品がもっと見られると思っていたが、イメージが違っていた。かわいいカルチャーの発信拠点というフレコミだったが、そんなにかわいいものは集まっていなかった。関東初出店や新しい販売の試みよりも素直に10代の女の子がかわいいって言える商品を一堂に集めた方がよかったんじゃないか。

オープン直後は行列ができたようだが、施設内はほとんど混んでいなく、竹下通りを歩いている人もけっこう素通りしていく人が多かった。つまりは原宿に来る10代の女の子のかわいいっていうアンテナにあまり引っかからなかったんじゃなかろうか。

なんだろう、この気持ち・・・。合コンで幹事役の女の子にめっちゃかわいい子が来るからって言われて、すんごい期待に胸膨らませて行ったら、ぱっとしない幹事の女の子とどっこいどっこいだったときの落胆に似ている。

手ぶらで帰るのもなんなんで、さっきの量り売りのお店で、ちゃっかりかわいいラムネを買っちゃいました。(945円)

Dsc_0173

このクマのラムネ、かわいい女の子にプレゼントして、かわいい笑顔が見れたらどんなにいいだろう、中秋の名月にそんなことを妄想しながら一人がりがりとかじるルチャであった。

« 丸善の早矢仕ライス | トップページ | 東京駅八重洲口「グランルーフ」オープン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1578715/53321042

この記事へのトラックバック一覧です: 「CUTE CUBE HARAJUKU」はかわいいか:

« 丸善の早矢仕ライス | トップページ | 東京駅八重洲口「グランルーフ」オープン »